BLOG

パプリカ

2020/01/15

 

1月も半ばとなり、お正月気分もそろそろ終わって、日常モード・・ですね。

今年に入ってからは、良いお天気が続き、春近し・・という感。

スキー場は、雪不足に泣いています。

例年、1月の中旬には、名古屋も雪が舞ったりしますが、今日もあたたかなお天気。

まったく雪の気配がありません。

やはり、地球温暖化の影響でしょうか。

 

今回のお見合いは、当室女性会員、49歳、愛知県知多市在住。

お相手の彼は、55歳、愛知県みよし市にお住まいです。

彼は、薬剤師さん。

調剤薬局に勤務しています。

大きな総合病院にほど近い、薬局ですので、その総合病院の処方箋を持った患者さんが次々に来ます。

外来時間中は、目の回る忙しさ、です。

そんなに、外来診察に来る患者さん、多いんですね。

そんな日常生活から解放される、彼の趣味は、家庭菜園。

 

ご両親も他界して、現在は、元々の実家である、みよし市の敷地内には、広い庭があるのです。

そこで、様々な野菜を作っていますが、昨年から新たに取り組んだ野菜が、パプリカ。

写真のように、色とりどりのパプリカを育てています。

昨年、なぜ、パプリカを育てようと思ったか?

それは、例の日本レコード大賞受賞曲、フーリンのパプリカ、ですね。

彼は、この曲が大好きで、思わず、タイトルのパプリカを作ってみよう、と思い立ったようです。

・・面白い人ですね ♪

 

彼は、仕事柄、いろいろな患者さんを見ていますので、健康の大切さを非常に感じています。

家庭菜園で、無農薬のいろいろな野菜を育てて、自分も美味しくいただきながら、ご近所にもお裾分けをしています。

健康は、大事ですね。

 

彼女も、野菜は大好きで、どちらかというと、ベジタリアンです。

食卓には、サラダがないと生きていけない、というタイプ。

話が合いそうですね。

ただ、パプリカについては、あまり賞味したことがありません。

それなら、まずは、いっしょに、美味しいパプリカを使ったレストランにでも、食べに行ってみたいですね。

彼の育てているパプリカは、収穫は、まだまだ先のようですので。