BLOG

彼は、出向組

2019/06/14

 

梅雨の日々ですが、いかがお過ごしでしょうか。

この週末は、‘梅雨の嵐‘ という予報です。

気をつけましょう。

 

この時期は、あじさいがきれいですね。

花が咲くと、ここにあじさいがあったんだな、と感じます。

街のあちこちで咲き乱れるあじさい、ホッとしますね。

 

今回のお見合いは、当室女性会員、54歳、名古屋市在住。

お相手の彼は、59歳、同じく名古屋市にお住まいです。

 

彼は、元銀行マン。

元というのは、現在は、銀行から出向して、取引先の会社に勤務しているからです。

50代を迎えると、銀行のみなさんは、半分以上がこうした出向や転籍などの道に進むようです。

厳しいですね。

でも彼は、非常に明るい。

何故か。

7年前に出向になりましたが、意外にも? とても居心地の良い、仕事がやりやすい職場・・ということなんです。

良かったですね ♪

 

どうしても出向と聞くと、大変とかつらい状況とかを想像してしまいますが、受け入れ先の中小企業側は、ある意味、大歓迎なんですね。

というのも、受け入れ先は、顧問や参与などのポストを用意して、銀行とのパイプ役を期待するのです。

出向する方は、受け入れ先でしっかりした仕事をすれば、みなさんに喜んでもらえるんですね。

 

7年前に出向した彼は、当初は、部長職。

その後、本部長などを歴任し、現在は、参与です。

郷に入っては郷に従え・・ですね。

 

そんな話をする彼に、彼女は、とても魅かれます。

やはり、男性は、仕事・・ですね。

 

部長、本部長と歴任している彼は、立場上、いろいろな美味しいお店を知っています。

我々庶民が? あまり行かないようなお店です。

彼は、趣味の欄に、グルメ、とあります。

 

次回は、是非、

庶民が知らないようなお店? に連れて行っていただきたいですね ♪