BLOG

ふたりのマイホーム

2019/10/27

 

今週末は、あちこちで、ハロウィーンパーティーですね。

お見合い会場の各ホテルも、ハロウィーンの飾りで大にぎわい・・です ♪

 

今回のお見合いは、当室女性会員、42歳、名古屋市在住。

お相手の彼は、46歳、同じく名古屋市にお住まいです。

 

彼は、トヨタ系企業にご勤務。

自動車部品の設計を担当しています。

これまで結婚の経験はありませんが、40歳の時に、マイホームを購入。

タワーマンションの高層階です。

彼の部屋のベランダからは、東山動植物園の緑がよく見えて、ちょうど今は、紅葉になりつつある、という状況です。

いいですね~。

居ながらにして、東山の紅葉がひとり占め。

これからの季節、11月の下旬ごろから、

東山植物園の紅葉は、名古屋を代表する、紅葉スポットです。

夕方からは、ライトアップもされ、たくさんの人でにぎわいます。

 

既にマイホームがある、というのは強みですね。

タワーマンションの高層階は、東京ではトレンドですが、名古屋は、まだこれからです。

2027年のリニア新幹線開通に向けて、名古屋の街は急ピッチで変わりつつあります。

その中で、今、市内のあちこちで、タワーマンションを建設中です。

 

彼女は、42歳の現在も、実家で親と同居中です。

実家は、普通の一戸建て住宅。

そうした状況から、彼女は、マンションへの憧れ、があります。

一戸建ての住宅に比べれば、マンションは居住スペースは、狭いかもしれません。

しかし、何と言っても、眺望、ですね。

タワーマンションではなくても、普通のマンションでも、4階以上なら、まわりを見下ろす景色が楽しめます。

これは、何物にも代えがたいものがありますね。

彼のように、部屋から、東山動植物園の緑が見通せたり、夜は、東山スカイタワーのライトアップが楽しめたり・・

眺望は、何物にも代えがたいものがあります。

 

それでは、次回、僕の部屋に遊びに来てください、

なんて、いきなりの展開にはなりませんが、

彼の話を聞いていると、一度、お邪魔してみたくなるような、魅力あるお住まいですね。

 

住居、というのは、大切です。

今回のようなお見合いは、既に彼がマイホームがあるため、その話に終始してしまいますが、

これからふたりで決めていく、となると、夢が広がりますね。

 

ふたりのマイホーム、

楽しい未来が待っているようです ♪