BLOG

古書店巡り

2021/06/01

こんにちは

名古屋市の結婚相談所、GOOD LIFE~グッドライフです。

今日から6月。

新緑の季節です。

今週は、梅雨の晴れ間です ☼

街の緑を、楽しみたい季節ですね。

 

今回のお見合いは、当室男性会員、34歳、愛知県犬山市在住。

お相手の彼女は、同じく34歳、お隣の、愛知県小牧市にお住まいです。

彼女が小牧市在住ですので、通常であれば、お見合いの場所は、名鉄小牧駅直結の名鉄小牧ホテルで実施しますが、現在、緊急事態宣言延長で、ホテルラウンジは当面休業中となっています。

ということで、今回は、名古屋市内のホテルにて、実施しました。

 

彼女は、本が好き。

読書が趣味です。

中でも、古書店巡りが好きで、毎週、あちこちの古書店を訪れています。

古書店といっても、ブックオフのような大規模なお店ではなくて、学生街にあるような小さな古本屋さんです。

彼女の出身大学が、名古屋市内の鶴舞にあり、その鶴舞駅の近くには、古書店通りがあります。

名古屋に行ったときは、よく覗いています。

まさしく、学生街の古本屋さん、ですね。

 

先日、そうした古本屋さんで、昭和の時代に刊行された、夏目漱石の文庫本を見つけました。

夏目漱石は、現在も広く読まれている文学作品ですが、重版を重ねれば、表紙も変わってきます。

彼女は、吾輩は猫である、の文庫本を手にしたとき、昭和の時代にタイムスリップした感覚を覚えました。

こうした本との出会いがあるから、古書店巡りは、面白いのです、と・・

 

彼も読書が好き。

しかし、もっぱら、図書館派。

ちょうど、近くに犬山市立図書館があり、休日は、たびたび利用しています。

夏目漱石は、ひと通り読んでいて、その中でも好きな作品は、坊っちゃん、です。

四国松山を舞台にした、近代への文明が開くころの舞台を描いた作品。

とてもすがすがしい気分になる作品です。

 

彼女も、坊っちゃん、は好きな作品のひとつ。

ということで、その後は、夏目漱石をはじめとした、文学作品論議に・・♡

彼は、古書店巡りは、未経験ですので、

一度行ってみたいなあ・・と ♡

 

次回は、是非いっしょに、ランチなどをした後に、古書店巡り、

行ってみましょう ♡