BLOG

あいちトリエンナーレ

2019/08/23

 

今月から開催の、

あいちトリエンナーレ、行ってきました。

 

現代芸術の祭典として、3年に一度、開催されます。

トリエンナーレというのは、3年に一度、という意味のようです。2年に一度は、ビエンナーレ、というようです。

10月14日まで、開催されます。

 

今回は、愛知県美術館をメイン会場として、ほかに、名古屋市内の四家道・円頓寺会場、豊田市美術館周辺会場で開催されます。

 

その中で、まずは、メイン会場である、愛知県美術館に行ってきました。

写真は、その目玉作品。

ポスターにもなっています。

 

ピエロが広い室内に点々と、24体。

もちろん人形ですが、本物の人間のパフォーマンスのようです。

思わず、隣に同じ姿勢で、座ってみたくなります。

どのピエロも、下を向いたり、寝そべっていたり、立膝をついたり・・思索にふけっているようなポーズですね。

日々、考えることが多い・・ということを現わしているのでしょうか。

・・・なかなか現代芸術は・・難しい・・です。

 

 

 

これは、会場に入場する前です。

愛知県美術館のある芸術劇場の地下から2階への吹き抜けに飾られた作品です。

何だと思いますか?

すべてTシャツなんです。

Tシャツを分解して、裏表をすべて使って作品にしているのです。

ところどころ、スピーカーが組み込まれて、何やら音が流れています。

・・・難しい・・

 

しかし、こうした芸術は、人それぞれ。

作品を前にして、いろいろと感じてみること。

感性の問題ですね。

 

会場には、たくさんのカップルの姿。

肩を寄せ合って、ひとつひとつの作品を鑑賞しています。

それに対する意見をいろいろと、ささやきあっています。

微笑ましいですね。

 

現在交際中のみなさん、

暑い屋外から涼しい場所に逃れて、現代芸術の鑑賞、

いかがでしょうか。

いい時間~ですね ♪